チェルラーブリリオは毛穴の悩みにも期待できる?

卵殻膜エキス配合のチェルラーブリリオは、お肌に何らかの悩みを抱えている人にとても人気の美容液です。

チェルラーブリリオには、ハリや潤い・弾力、毛穴の開きなど、年齢によるお肌のトラブルなど、女性なら誰もが気になる悩みを解決することに期待できる商品として有名です。

チェルラーブリリオを使用した人の間では、毛穴が目立たなくなったといった声が多数あります。

なぜチェルラーブリリオが毛穴ケアに効果があるのか?その根拠を調べてみました。

毛穴の開きにも色々なタイプがあり、過剰な皮脂の分泌によるものや、他にも肌の乾燥により水分量が足りなくったことことで肌のハリが失われて目立つ毛穴だったり、肌のターンオーバーが乱れることにより、毛穴の内部に古い角質や皮脂が溜まってしまうことで毛穴が目立ってしまうパターンがあります。

このような毛穴の悩みに必要なのは、しっかりとした保湿とお肌のターンオーバーを促進すること。

チェルラーブリリオには毛穴ケアに必要な成分が配合されています。

その成分とはフラーレンやEGF、ヒアルロン酸の1.3倍の保水力を誇るプロテオグリカンなど。



チェルラーブリリオ毛穴

この他にも様々な保湿に対する成分がチェルラーブリリオには配合されていますので、しっかりとした充分な保湿をすることができます。

それになんといっても注目の成分は、チェルラーブリリオに配合されている卵殻膜エキスです。

卵殻膜とは、卵の殻の内側にある薄い膜のことで、とっても不思議なパワーを持っています。

哺乳類などは母親のお乳を飲むことで子を育てますが、卵は親鳥から栄養を与えてもらわなくても、自分自身の力でヒナの体を作り、羽毛をつけることからもその凄まじいパワーが分かります。

それに卵殻膜には美容に欠かせない成分”シスチン”が豊富に含まれていて、ターンオーバーを促進させる効果があります。

これだけでもチェルラーブリリオが毛穴の悩みに効果的な美容液だと分かりますが、ほかにもV型コラーゲンといった成分が重要な役割を持っているのです。

V型コラーゲンとは赤ちゃんの肌に多く含まれていて、年齢とともに段々と減っていくもので、それが20代後半から始まります。

赤ちゃんの肌って、本当にスベスベでモチモチッとしてますよね?

ウチの子供も小さい頃は本当に肌がスベスベしていて、自分の肌と比べると全然違うんですよね。

大きくなった今では、ニキビも出来てきて、昔のようなツルツルの肌とは違いますが・・(苦笑)

少し話が逸れましたが、赤ちゃんのようなスベスベで毛穴が目立たないお肌には、卵殻膜に多く含まれているV型コラーゲンがとっても有効なんです。

実は赤ちゃんの肌と、大人の人の肌の違いを調べてみると、赤ちゃんの肌には圧倒的にV型コラーゲンが多いんです。

チェルラーブリリオ毛穴



このことからも分かるように毛穴が目立たない肌にするためには、V型コラーゲンが重要に関係しているんですね。

ただ、V型コラーゲン自体は経口摂取が難しく、サプリや食事ではなかなか摂取することが困難なんです。

このように口から摂取する分には充分な量を取ることが難しいんですが、チェルラーブリリオに配合されている卵殻膜エキスは高濃度で、一回の使用量の2.3滴であなたの肌に充分な卵殻膜パワーを届けることが出来ます。

そうすることで、赤ちゃんのように毛穴レスな綺麗な肌へと導いてくれます。

使い方も簡単、肌に負担が出るような添加物を排除し、肌に優しいチェルラーブリリオを使用して、キメ細かい毛穴が目立たない赤ちゃんのような肌を手に入れて下さい。